亜鉛不足は健康を阻害する様々な症状が発生します!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

亜鉛(ZINC)は、人間の骨、筋肉、皮膚、毛髪など全身に存在する必須ミネラルです。体内の亜鉛が不足すると、健康を阻害する様々な症状がおこります。しかし、現代社会では、ほとんどの人が亜鉛を十分に摂取できていないのが実状です。本記事では、亜鉛不足の症状亜鉛を多く含む食材亜鉛の効率的な摂取方法について説明します。

亜鉛不足による健康を阻害する症状

体内の亜鉛不足により体に以下のような症状が現れます。

免疫力の低下

亜鉛が不足すると免疫力が低下し、風や感染症にかかりやすい体になります。また、白血球にも亜鉛は、含まれており、亜鉛が不足すると傷や病気の回復が遅くなります。

味覚障害

味は、舌の味蕾(みらい)にある味細胞から脳に伝達されて味覚を感じます。味蕾にある味細胞は新陳代謝が活発な細胞で、この味細胞の再生には、亜鉛が大きく関わっています。亜鉛が不足すると味細胞の新陳代謝が行なわれず、亜味覚が鈍化して濃い味しか分からなくなったり、甘さを苦く感じたりすうなどの味覚障害が発生します。

抜け毛、薄毛

髪の毛は、タンパク質でできています。亜鉛は、タンパク質の合成に大きく関わっており亜鉛が不足すると、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増え、薄毛になります。

前立腺肥大症

亜鉛には、前立腺肥大症の原因であるジヒドロテストステロンを抑止する働きがあり、亜鉛不足によりジヒドロテストロンを抑止することができなくなり、前立腺肥大症になったり前立腺肥大症の悪化につながります。

お肌のターンオーバーの乱れ

亜鉛は、お肌のターンオーバーに大きく影響しています。特にお肌にハリや潤いを与えるコーラーゲンの合成には、亜鉛が必要であり亜鉛が不足すると、お肌が乾燥し、シワやたるみの原因になります。

精力減退

亜鉛が不足すると、ホルモン作用が効果的に行われなくなり、性欲減退や、勃起力低下、精子の数の減少などが起こります。

このように、亜鉛は、人間が健康に生きていくためには必要不可欠であることがおわかりいただけたと思います。亜鉛不足にならないためには、亜鉛を含む食材を毎日の食事で摂取するようこころがける必要があります。

スポンサードリンク

亜鉛を多く含む食べ物ランキングベスト10

亜鉛が多く含まれている食材のランキングベスト10を紹介します。

亜鉛の摂取量は1日どれだけ必要か?!

人間が健康な生活を送るために1日に必要な亜鉛の摂取量は、30mgと言われています。

これは、生ガキだと生ガキ10個分、豚レバーだと豚レバー500gに含まれている亜鉛の量です。毎日、生ガキを10個、豚レバーを500g食べるのは非現実的です。1日30mgの亜鉛を摂取するには、亜鉛サプリメントによる摂取が最も経済的で効率的な方法です。

亜鉛サプリはZINC50mgがおすすめ!!

ZINC(ジンク)50mg 250錠


亜鉛サプリメントによる摂取が最も経済的で効率的な方法であることをお話ししました。実際に私が服用しているおすすめの亜鉛サプリメントを紹介します。Source Naturals社のZINC 50mg 250錠です。ZINC 50mg は、1錠あたり亜鉛が50mg含まれています。1日1錠服用すれば、1日に必要な亜鉛が余裕で摂取できます。しかも、カルシウムも1錠当たり27mg含まれているので、同時にカルシウムも摂取できる優れものです。また、1錠当たり10.6円というコストパフォーマンスも嬉しいです。

商品名:ZINC50mg
内容量:250錠
販売価格:2,652円(非課税)送料込
メーカー:Source Naturals社
販売元:オオサカ堂

ZINC50mgの詳細はこちら>>

この記事が役に立ったという方は以下のランキングバナーのクリックをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました